上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
iPhoneに「手書きメモ」というアプリを入れてみました。

iPhoneの通常のメモは、必ずキー入力をしないと文字を入れられないのですが、携帯では普通だしそれ程気にはしていませんでした。

でも、先日、ちょっとメモしたい時に手帳などがなくて、iPhoneのメモに入力しようと思ったら結構大変。
外だったし、鞄を持ってて両手打ちも出来ず、焦るから打ち間違いもあって・・・。
やっぱりXシリーズのように、手書きメモがあるといいなぁと思い検索したら簡単に無料のを見つけました。

Sketch Padというアプリです。
アプリ手書きメモ


開くとこうなっていて、この上に指で字を書きます。
アプリ手書きメモ2


指で書くので、字はメチャクチャ下手になります。(笑)
消したい時は上の消しゴムの絵をクリックして、消したい箇所をこすると消えますよ。
アプリ手書きメモ3


色は赤、黒、青、緑があります。
絵を描くと幼稚園生より下手なチューリップになりました。(笑)
アプリ手書きメモ4


でもまぁ、ちょっと簡単にメモしたい時には使えると思います。

又1つ私のiPhoneが便利になりました

スポンサーサイト
iPhoneにSkypeが入るようになりました!

Skype_1

パソコンにSkypeを入れてインターネットを使って無料電話を使用してる人は居たと思いますが、携帯にSkypeが入るというのはすっごく嬉しい事です。

Skypeを知ったとき、「これはいい!皆入れるんじゃない?」って思っていましたが、思ったほど普及しなかったのは、電話ほど手軽に使えないって事でしょうか?

まず友達もSkypeをパソコンに入れてないといけないって所で使えないんですよね。
最近はネットしてる友達も増えたけど、昔は主婦の友達はネットしてる人少なかったし、ましてや説明しても理解出来ないからSkypeをインストールしてくれないんですよね。

最近赤ちゃんが生まれた友達が、新しいパソコンを購入してSkypeを知って実家のご両親に同じパソコンを購入してもらい、兄弟にも教えて、テレビ電話で赤ちゃんの顔を見せているそうです。
そういう使い方凄くいいよね。
もちろん無料です。

パソコンにSkypeをインストールするのは無料。

Skypeで出来ることをちょっと書いてみますね。

無料のサービス
☆ Skype同士の通話
☆ Skypeユーザに着信を転送
☆ ビデオ通話
☆ インスタントメッセージとグループIM
☆ 会議通話
☆ Skypeユーザに通話を転送

有料のサービス
☆ 695円で固定電話に掛け放題
☆ 1495円で世界36ヶ国の固定電話に掛け放題
☆ 先にプリペードを購入し使った分だけ支払う

有料でも得ですよね。
Skypeがもっと普及したら携帯の通話料の削減も出来るので経済的です。
ネットしている人は是非入れて欲しいソフトです。

詳しくはSkypeのHPで確認して下さいね。
http://www.skype.com/intl/ja/welcomeback/

Skype_2

  
~前回のブログの続きです~

PCからiPhoneメールを送ろうと思う人はあまり居ないのか、情報が少なくこれに辿り着くまでにかなりの時間を要しました。

偶然ですが、以前PCのメールが送信できなくなった事があり、それの原因は「サーバーのポート番号」を設定しなおしたら送ることが出来るようになったので、ひょっとして・・・と思い、それを変更してみました。

全員に当てはまるかどうかは分かりませんが、私の場合「587」に変更したら、Thunderbirdは送信できるようになりました。

なので、Thunderbirdをメインとして使う事に一旦は決めたのですが、今度はアドレス帳をインポートすると文字化けしてインポート出来ません。
それはトラブルシューティングを確認しても載っていないし、どなたかのブログにも書かれて居なかったので、諦める事にして、なんとしてでもWindowsメールを使おうと決めたのです。

しかし、Windowsメールはサーバーのポート番号を587に変更しても全く送信できず、もうホトホト疲れてしまって、諦めようと思ったときに、「このサーバーは認証が必要」のところにチェックを入れてみたのです。

Thunderbirdではそのような箇所はないのですが、自分がメインで使っているOutlook Expressを見たらチェックしてあったので、チェックしてみました。

そうしたら、送信できるようになったのです!

これで、パソコンを立ち上げている時にiPhoneにメールが来たら、パソコンで送信する事が出来ます。

もちろん、相手の人には私のiPhoneのアドレスが見えているので、iPhoneからの返信になります。

今までは、自分はパソコンでメールを送っても返信は携帯に欲しい場合、一々「パソコンからメールを送っています。返信は携帯へ下さい」と書かなければなりませんでした。

それでも間違えてパソコンの方へ返信されてしまい、メールに気がついたのが24時間後・・・という事もありました。

でもこれからは、パソコンでメールを送っても安心してパソコンを落とせます。(^^)

重要なメールは「重要フォルダ」に収納しておいて、後で確認したりも出来るようになり、これで快適にiPhoneが使えそうです。

まずは、良かった良かった。(^^)
疲れた。本当に疲れた・・・。

普通の携帯では当たり前のメールのフォルダ分けが、iPhoneでは出来ません。

初期の頃の携帯みたいですよねぇ。

それでも何とか、パソコンを使ってなら出来るという情報を知り、苦戦しながらもようやく出来ました。

メールソフトを使うのですが、メールソフトは何でもOKです。

私はoutlook、Windouwsメール、Thunderbirdと3つ試しましたが、最終的にはWindowsメールに落ち着きそうです。

フォルダ分けはいたって簡単で、色んな方が書かれていたように、受信サーバはPOPではなくIMAPに設定する事が重要でした。

メールソフトの方が完了すると、ケーブルで繋げていないのにWI-FIで同期が出来ていたみたいで、フォルダが出来ていました。(やった!)

「Sent」と「Sent message」の2つのフォルダがメールソフトにあるので、何だ?と思いましたが、「Send」はパソコンのメールソフトで送った分、「Sent message」はiPhoneで送った分だと分かりました。

ややこしいので、「Sent message」に全部移すと、瞬時にiPhoneの「送信済みメッセージ」の中に移動されていました。(凄い!)

ここまでやって満足していたのですが、どうせここまでやったのなら、パソコンにiPhoneのアカウントを登録して、パソコンからi.softbank.jpのメールを送れるように出来ないか?と調べ始めました。

せっかくなので、ページを分けま~す。

アドレス帳のグループ分け、普通の携帯では当たり前の事なのに、iPhoneではそれが簡単にはいかない。

これもパソコンでグループ分けをした上で、iThuneで転送するのです。

その方法が分かるまでに何時間掛かったことか・・・

これも忘れては困るのでメモっておきます。

① Outlook(2002以上)にiPhoneのアドレスを同期する。
   この時は、下記の部分のチェックはしない。
iThune

② 同期が出来たら下記の連絡先をクリック。
outlook

③ 連絡先を右クリックし、フォルダを作ります。
   この時に付けた名前がグループ名になります。
iPhone

④ フォルダが出来たら、右のアドレスをドラッグ&フドロップしてフォルダに入れます。

⑤ 今度はiThuneの下記の部分にチェックを入れます。
iThune

⑥ 同期させます。

これで完璧です。

iPhoneでの表示は、一番上に「すべての連絡先」があり、その下に「グループ」分けがあるので、名前から検索したい場合は「すべての連絡先」から、「グループ」から検索したい場合は「グループ」からと、使い分けが出来るのは便利です。

もちろん、それぞれあいうえお順にならんでます
iPhone

凄い大変でしたがなんとか便利になりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。