上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
~前回のブログの続きです~

PCからiPhoneメールを送ろうと思う人はあまり居ないのか、情報が少なくこれに辿り着くまでにかなりの時間を要しました。

偶然ですが、以前PCのメールが送信できなくなった事があり、それの原因は「サーバーのポート番号」を設定しなおしたら送ることが出来るようになったので、ひょっとして・・・と思い、それを変更してみました。

全員に当てはまるかどうかは分かりませんが、私の場合「587」に変更したら、Thunderbirdは送信できるようになりました。

なので、Thunderbirdをメインとして使う事に一旦は決めたのですが、今度はアドレス帳をインポートすると文字化けしてインポート出来ません。
それはトラブルシューティングを確認しても載っていないし、どなたかのブログにも書かれて居なかったので、諦める事にして、なんとしてでもWindowsメールを使おうと決めたのです。

しかし、Windowsメールはサーバーのポート番号を587に変更しても全く送信できず、もうホトホト疲れてしまって、諦めようと思ったときに、「このサーバーは認証が必要」のところにチェックを入れてみたのです。

Thunderbirdではそのような箇所はないのですが、自分がメインで使っているOutlook Expressを見たらチェックしてあったので、チェックしてみました。

そうしたら、送信できるようになったのです!

これで、パソコンを立ち上げている時にiPhoneにメールが来たら、パソコンで送信する事が出来ます。

もちろん、相手の人には私のiPhoneのアドレスが見えているので、iPhoneからの返信になります。

今までは、自分はパソコンでメールを送っても返信は携帯に欲しい場合、一々「パソコンからメールを送っています。返信は携帯へ下さい」と書かなければなりませんでした。

それでも間違えてパソコンの方へ返信されてしまい、メールに気がついたのが24時間後・・・という事もありました。

でもこれからは、パソコンでメールを送っても安心してパソコンを落とせます。(^^)

重要なメールは「重要フォルダ」に収納しておいて、後で確認したりも出来るようになり、これで快適にiPhoneが使えそうです。

まずは、良かった良かった。(^^)
スポンサーサイト
疲れた。本当に疲れた・・・。

普通の携帯では当たり前のメールのフォルダ分けが、iPhoneでは出来ません。

初期の頃の携帯みたいですよねぇ。

それでも何とか、パソコンを使ってなら出来るという情報を知り、苦戦しながらもようやく出来ました。

メールソフトを使うのですが、メールソフトは何でもOKです。

私はoutlook、Windouwsメール、Thunderbirdと3つ試しましたが、最終的にはWindowsメールに落ち着きそうです。

フォルダ分けはいたって簡単で、色んな方が書かれていたように、受信サーバはPOPではなくIMAPに設定する事が重要でした。

メールソフトの方が完了すると、ケーブルで繋げていないのにWI-FIで同期が出来ていたみたいで、フォルダが出来ていました。(やった!)

「Sent」と「Sent message」の2つのフォルダがメールソフトにあるので、何だ?と思いましたが、「Send」はパソコンのメールソフトで送った分、「Sent message」はiPhoneで送った分だと分かりました。

ややこしいので、「Sent message」に全部移すと、瞬時にiPhoneの「送信済みメッセージ」の中に移動されていました。(凄い!)

ここまでやって満足していたのですが、どうせここまでやったのなら、パソコンにiPhoneのアカウントを登録して、パソコンからi.softbank.jpのメールを送れるように出来ないか?と調べ始めました。

せっかくなので、ページを分けま~す。

アドレス帳のグループ分け、普通の携帯では当たり前の事なのに、iPhoneではそれが簡単にはいかない。

これもパソコンでグループ分けをした上で、iThuneで転送するのです。

その方法が分かるまでに何時間掛かったことか・・・

これも忘れては困るのでメモっておきます。

① Outlook(2002以上)にiPhoneのアドレスを同期する。
   この時は、下記の部分のチェックはしない。
iThune

② 同期が出来たら下記の連絡先をクリック。
outlook

③ 連絡先を右クリックし、フォルダを作ります。
   この時に付けた名前がグループ名になります。
iPhone

④ フォルダが出来たら、右のアドレスをドラッグ&フドロップしてフォルダに入れます。

⑤ 今度はiThuneの下記の部分にチェックを入れます。
iThune

⑥ 同期させます。

これで完璧です。

iPhoneでの表示は、一番上に「すべての連絡先」があり、その下に「グループ」分けがあるので、名前から検索したい場合は「すべての連絡先」から、「グループ」から検索したい場合は「グループ」からと、使い分けが出来るのは便利です。

もちろん、それぞれあいうえお順にならんでます
iPhone

凄い大変でしたがなんとか便利になりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。