上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっと保険大学の教材が届きました。

10月からいよいよ2年間のカリキュラムが始まります。
とにかく頑張らなくては・・・

保険大学の受講料を支払った翌日、夫が職を失って途方に暮れてしまいましたが、受講料を生活費に回したくても返金は無理だと分かっていたので問い合わせる事もしませんでした。

こんな状態で始めるわけですから、絶対に無駄にしないようにとにかく2年間頑張ります

2年間のカリキュラムが修了しても、その間に単位を落とすと修了証書が受け取れません。
修了証書を受け取れないと、認定保険代理士の試験を受ける資格が出来ないので、とにかく今は単位を落とさない事が先決です。

忙しい毎日の中、とにかく勉強をする時間を作らなくては・・・

明日から10月。

スケジュール管理をしっかりして頑張ります。

------------------
HP開設しました♥
http://www.rtp-kmsi.com/~rhythm/
------------------
スポンサーサイト
今回の観劇は「グッバイチャーリー」というミュージカルです。

このミュージカルは、紫吹さんが宝塚を退団した翌年の2005年にストレートプレイで上演された作品がミュージカルになって生まれ変わって返って来ました

当時、3回も観た作品で内容もコメディーで楽しいし、まだ紫吹さんの男役を引きずっていた私にとっては
「ちょっとだけ男」
の紫吹さんを観れるというプレゼントもあって、3回も観てしまったお気に入りの作品でした。

それがミュージカルになるというので、それもなかなか面白いとかなりの期待をしていました。

曲はaccessの浅倉大介さんが手がけ、紫吹さんの相手役のジョージ役がaccessの貴水博之さんという事で、かなりaccessの色が強い作品になるとは予想していました。

正直、accessは昔からあんまり・・・なので、ミュージカルだし不安だなぁと思っていたのですが、始まると「あれ?いいかも!」と思えてきました。貴水さん、やっぱり歌うまいです。声がきれいでした

1950年代のアメリカ・・・とか、ハリウッド・・・とか、そういう雰囲気好きだったので、そういう雰囲気が全て消去されていて「え~!」と思いましたが、携帯電話が出てきた時点で、時代設定は変えてあるんだと理解出来ました。(access色で1950年代のアメリカは難しいでしょうしね・・・)

大まかなあらすじは、オリジナルと一緒だったのですが、細かい設定は変えてあったので「これもありだな」と思いながら、新たな気持ちで楽しめました。

でも、2つだけ「???」と思った所があります。

まず、チャーリーが女性になって帰って来た時、ジョージはチャーリーが女になっているという事に気がつかずに普通にチャーリーが生きていたと大喜びしますが、なんで後で出て来た人たちは女チャーリーを見て「チャーリーとそっくりだ」と思わなかったの?と、ちょっと不思議な感じがしました。

それともう1つ、どうしても・・・どうしても・・・どうしても!納得出来ないのが「49日」です。

アメリカという設定は変えてないはずなんです。

なのにどうして「49日までに女の気持ちを理解する」という試練を神様が与えるの??

オリジナルの時は、女になっていた期間がどれくらいの設定だったかは覚えてないのですが、絶対に49日ではなかったはず・・・。

千秋楽だったので、「ひょっとしてアドリブ?」と思ったくらい驚きました。

やっぱり、女性の気持ちが分からなかったチャーリーが、女性の気持ちを理解する為に神様に試練を与えられ、ジョージを愛した事で女に目覚め、女の気持ちを理解し、ジョージに絶対に愛される奇跡を信じて自殺をする・・・という終わり方の方が分かりやすかったような・・・。

で、女性チャーリーのそっくりな女性が現れ、ジョージとチャーリーそっくりの女性は結ばれる。
それが、ジョージの言った「君がチャーリーじゃなかったら好きになると思う」というセリフに掛かっていて、チャーリーが奇跡を信じて自殺したその「奇跡」が起きたのだと思ったんです。

でも、その部分は全部カットで、49日の日に旅立って行くという設定に変更されていたのは残念でなりません。

これ、何か意図があるのであればご存知の方教えて下さい。じゃないとどうしても納得出来なくて・・・

好みの問題もあると思うので、今回の設定の方がいいって思う方も居ると思うのですが、ごめんなさい私には理解出来なかったです。

でも全体的には、紫吹さんの男役が沢山観れたのは今回の作品だし、女チャーリーの可愛さは今回の方がパワーアップしてると思いました。
だって、夫が「紫吹淳、可愛くなったよね?」って珍しく「可愛い」って褒めたくらいですから。(いつもはカッコいいとか、足長いとか、ダンス上手いとかですから)

いつも出待ちは遠くで見ていただけだったんですけど、ファンクラブの方たちに混じって(私もファンクラブ入ってますよ)始めて出待ちさせて頂きました。

始めてだったので皆さんみたいに感想を書いたお手紙を用意してなかったので、紫吹さんが近くに来てくれた時に、一言「お手紙はないんですけど、お疲れさまでした」だけ声掛けました。

夫が近くに居てくれたら印象も強かったと思うけど、恥ずかしがって隅っこにいて会釈だけしたらしいです。

最近色々あって沈みがちだったのですが、ちょっと元気になりました。

------------------
HP作りました。
まだアルバムくらいしかないですけど、良かったら見て下さい。
http://www.rtp-kmsi.com/~rhythm/
------------------
テーマ:ミュージカル
ジャンル:趣味・実用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。