FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミュージカル「愛と青春の宝塚」梅田公演に行ってきました。

以前、2夜連続のテレビドラマとして放送された作品をミュージカル化した作品です。

戦争時代に生きたタカラジェンヌ達の葛藤、苦悩、恋愛などを描いた物で、このドラマ自体が私は大好きで何度も見ました。

DVDでは2枚組みになっていて、かなり長い作品になっているのを、ミュージカルとして短い時間の中で再現出来るのか…という不安もありましたが、なかなか良くまとまっていました。
(前半、スキヤキだけでここまで引き伸ばすか?!ここを伸ばすなら違うシーンをもっと掘り下げて欲しいと思う部分もありましたが、全体的によくまとまっていたと思います。)

ドラマではタッチーこと橘伊吹(木村佳乃さん)が主演で、伊吹の回想から時代をさかのぼるという構成でしたが、舞台では、リュータンこと嶺野白雪(藤原紀香さん)が主演に変更され、元タカラジェンヌのトップ男役「紫吹淳さん」と「湖月わたるさん」がWキャストで演じました。

どういう構成になるのかまだ分からなかった時から、「多分主役をリュータンに変更してやるんだろうなぁ」と想像はしていました。
と言うか、勝手に

「紫吹淳さんや湖月わたるさんが、タッチーをやるとは考えられない!この2人がタッチーをやって、彩輝なおさんと貴城けいさんがリュータンというのは、宝塚を卒業したからと言って絶対ダメ!」

と思っていたので、私の希望通りに主役の設定変更でやる事になったわけです。
(この言い方も紫吹さんと湖月さんが主演だと決めつけてますね(笑)。彩輝さん貴城さんのファンの方気分を害さないで下さいね。)

このミュージカル(ドラマも)は本当に宝塚ファンの方なら誰でもジーンと来るんではないでしょうか。

私は、最初から最後まで泣きっぱなしでした。(笑)

それと、紫吹さんファンの私としては、男役の紫吹さんを久々に拝見して興奮しまくりでした

でも、女性の役ですから、女性役の紫吹さんと劇中劇の男役の紫吹さんの両方を見れるというのは、本当に贅沢な作品でした。

名古屋公演が3月にあり、当然チケットはとってあります。

名古屋公演は、もう一人の主演の湖月わたるさんの作品も観させていただきますので、午前午後と続けて観ます。(1日座りっぱなし…)

紫吹さんが宝塚でトップをやっていた時に一緒に娘役トップだった映美くららさんは、湖月さんと一緒に出演します。

くららちゃんも可愛くて大好きだったので、とても楽しみです。
(個人的には紫吹さんとくららちゃんのコンビがもう一度観たかったのだけど…)

本当にいい作品なので、宝塚歌劇ファンの方だけでなく多くの方に観ていただきたいです。

スポンサーサイト
テーマ:ミュージカル
ジャンル:趣味・実用
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。