FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
27日(土曜日)、大阪松竹座の「ドラマティック・レビュー“うたかたのオペラ”」を観劇してきました。

構成 脚本 監督:横内謙介
音楽:加藤和彦
演出:菅原道則
主演:紫吹淳

まず、自分の大失敗!

勉強不足だった!!!

「うたかたのオペラ」という作品が、70年代を代表するミュージシャンであり、作曲家でもある加藤和彦さんが作ったアルバム「うたかたのオペラ」の楽曲をイメージして出来た作品だと全く知らずに観劇してしまったんです。

「うたかたのオペラ」というアルバム自体、聴いた事がありませんでした。

この「うたかたのオペラ」というアルバムが出来た頃、私はまだ子供だったので興味を持つ事もなく知らないまま今の年齢になりました。

「加藤和彦さん」という名前も知らなかった事から、パンフレットを会場で読んでもピンとは来ず、そのまま舞台を観終わってしまったんです。

作品について何も知らないまま、ただ「主演:紫吹淳」これだけの情報でチケットを買ったので、紫吹さんがオペラに挑戦するのだと勘違いしていました。
実際は、芝居自体はオペラではないので、芝居の中の劇場がオペラ劇場という事でこのタイトルなのかな?と、勝手に勘違いをエスカレートしていったんです。

芝居を観終わった後、非常に失礼な言い方ですが、正直この作品の出来はあまり良くないと思ってしまいました。

紫吹さんファンの方、その他の役者のファンの方、本当に申し訳ないのですが、全体的に言うと私の目では60点。

生意気言って申し訳ないのですが、最初のダンスシーンから違和感があったのです。
怪しい雰囲気のその世界にのまれている最中に「この人ダンス覚えてない?」と思わせるような部分を見るとどうしても現実に戻されてしまいます。

内容が少し難しいというのもあるので、説明台詞のような部分はしっかり聞きたいのに、台詞が聞き取りにくく細かい部分が分からなくなったり・・・。

シリアスな舞台と思っていたら、コミカルな部分もあるんですけど、それが全く雰囲気に合っていなくて浮いてしまっているように見えたり・・・。

でもまあ、自分自身で「紫吹さんの男役スタイル観れたし、いいかあ!」って作品とは関係ないところで自分を納得させていたのです。

その日の夜、夫が大阪の友人と久しぶりに会い飲んでいるところに合流し、3人でカラオケに行きました。
そして、数曲歌った後何気なく飯島真理さんの「愛・覚えてますか」を入れてビックリ!
加藤和彦さんが作曲した歌だったのです!

「え?!アニメソングなんて作っている人なの?!しかも私がメチャクチャ好きで歌いまくっている歌を?!今日観たミュージカル、実は凄く貴重だったのかも!」

と、そこから初めて作品に興味を持ち出したのです。

そして家に帰って早速「加藤和彦さん」をネットで検索。

で、加藤和彦さんの事を知りました。(サディスティックミカバンドの人でした!!)そしてオリジナルの「うたかたのオペラ」を聞いてビックリ!

ああ!アルバム聞いてから観劇したら良かった・・・

すっごくいいアルバムじゃないですかあ!!

脚本を書いた横内謙介さんがこのアルバムを聴きまくっていたという理由が分かる気がしました。

そして、横内さんはこの大好きなアルバムを表現出来る事をとても喜ばれて力を入れて作られたんだろうなあと思います。

でも、でも!!

ごめんなさい!!私がこの作品を知れば知るほど、自分なりに「まあいいかあ」で終わらせていた感情が「納得出来ない~~!」に変わって行くんです。

もちろん、なんの才能もない素人の私とプロの方が、同じ曲を聴いて同じイメージを持つとは思いません。
曲の雰囲気より、もっと見せたい部分があってこの作品になったんだ・・・そうは思っても、このアルバムを中心に舞台を思い返すと、余計に「なんで?なんで?」と思う部分が出てきてしまうんです。

そう思うと、紫吹さんのファンサービスとも言える劇中劇の男役スタイルや(観たかったんですよ!観れて嬉しかったんですよ!!これは誤解しないで下さい)、ヒップホップ(なのかな?)、食い倒れ人形姿の道化・・・ちが~う!って気がして・・・。

不思議、妖艶、妖しの夢・・・もっともっと凄い作品になると思われる作品だからこそもったいないなあ・・・と・・・。

でも、後で知ったのですが練習日数が20日間しかなかったとの事。
練習不足&演出の練り不足だったのかなあ・・・と納得でした。

しかし夫に話すと、
「プロなのに20日間しか練習出来ず中途半端な作品をお金を取って世の中に出した?!それはプロとしてやったらいかん事だわ。」
と、ちょっと憤慨な様子・・・。

確かにそうだわね・・・

私は、絶対に再演を望みます。

20日間の稽古、3日の公演ではきっと全てにおいて表現しきれなかったのかなあと思うので、もっともっと練って練って楽曲を再現されて作られた「うたかたのオペラ」を是非観てみたいと思います。
(最高に満足してます!って出演者の方スタッフの方全員の皆さんが思っていらっしゃったら本当にごめんなさい

本当に素敵な楽曲で、曲の雰囲気やメイファの役にピッタリの紫吹さん、歌のとてもうまい川崎麻世さん、コミカルで優しい声の美勇士さん、その他の役者さん全員での再演を心待ちにして超辛口でファンの皆さんに嫌われそうなコメントを終わらせていただきます。
スポンサーサイト
テーマ:ミュージカル
ジャンル:趣味・実用
コメント
再演して欲しい
曲が先にあっての舞台。しかもとても良い曲でした。実際、20日前には、まだお稽古は始まっていませんでした。10日前でもなに一つ決まっていなくて、演出家の方のブログでもピンチ!と書かれていました。しかし、紫吹さん川崎さん他の出演者の方、スタッフの火事場の馬鹿力でクリアしつつあると書かれたのが3日前。舞台を観た感じ、まだまだ良く出来ると思いました。だからこそ、再演を強く願います!
2009/06/29(Mon) 12:53 | URL | ロデ | 【編集
音楽に頼りすぎ、の結果でしょう。

いくら昭和を代表する作品とは言え、10日前にナニも決まってないとは。

何はともあれ、今度はちゃんとやって欲しい。
2009/06/29(Mon) 20:37 | URL | Kesseler | 【編集
コメントありがとうございます
ロデ様、kesseler様、コメントありがとうございます。
20日ではなく、10日ですか??
それはもっと凄い事ですね。

曲のファンの方の為にも、再演を是非お願いしたいですね。
2009/06/30(Tue) 00:17 | URL | りずむ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。